昼食について About Lunch

宮前幼稚園は、現在週に2回をお弁当、
週に2回を給食にしています。
お弁当にはお弁当の、
給食には給食の良さがあります。

また、保護者の方の利便性と
子ども達の成長のバランス、
それらを総合的に考え、
現在のようなスタイルになりました。

お弁当

毎日忙しい中、お母さんやお父さんが
ぼく・わたしのためにお弁当を作ってくれる。
これは子ども達の記憶に永遠にきざみ込まれるものです。
お弁当に込められているのは身体の栄養と心の栄養。
愛情がより届くのが、お弁当のいいところです。

何も豪華なお弁当やキャラクター弁当を作る必要はありません。子ども達にとっては、持たせてもらえたお弁当が何よりのごちそうなのです。

慌ただしい朝にお弁当を作ることに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、
卒園を迎えるころには、必ず「お弁当を作ってきて良かった」と思う瞬間が来ます。
卒園児の保護者は口を揃えてそうおっしゃいます。
週に2回のお弁当を通じたコミュニケーションを
ぜひ楽しんでください。

給食

給食のいいところは、
みんなで同じものを食べることで、
味や気持ちを共有できること。

「これ美味しいね」と
お友達同士で言い合えるのは給食ならではです。
また、苦手な食べ物を克服するきっかけにもなります。
にんじんが食べられなかった子が、
お友達の食べる様子を見て挑戦しようと思う。
いつの間にか食べられるようになる。
給食の中に成長があります。

また、温かいものを温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに食べてもらいたいと思い、
2012年に自園内に調理室をつくりました。
もちろん、それらのこだわりは安心・安全への配慮にもつながっています。

Report

給食室より

給食室で働く調理師、栄養士を含め全部で4人。毎月のメニュー考案や給食室だよりの発行、食材の調達から調理まで一手に引き受けています。

栄養バランス、食べやすさ、メニューバリエーションの豊富さ、給食が子ども達にとって楽しみな時間になるように、工夫が重ねられています。

白のトレーに入れて、各教室にできたての給食が配られます。

※園の給食はアイコーメディカルさんに委託しています。