新ホールこけら落とし集会

ついに新しいホールが完成しました!
今日は誕生日会の前に全園児で集まってこけら落とし集会を行いました。

園長先生の話を聞いたり、園歌を歌ったりしたあとは、お楽しみの時間です。

年長児は屋上園庭
年中・年少児はキャットウォークを1周ぐるりと歩きました。

「おーい!」
下にいる友だちに手を振っています。

普段のあそびはもちろん、劇遊び会もホールで行います。
これから楽しみですね!

おもちつき

園庭では朝から〝もち米〟の甘い匂いがしていました。

年長児は自分たちで育て、収穫した〝もち米〟を使います。

せいろには各クラスの表示が付いています。

もち米が固くならないように、まずはお手伝いに来てくださったお父さんたちがついていきます。

子どもたちは蒸し立てのもち米をいただきます。

噛んでいると口の中でおもちになっていきます。

お父さんたちのダイナミックな餅つき

年中・年少児は木の棒型の杵です

年長児は子ども用の杵を使って

ぺったんこ・ぺったんことついていきます。

最後は先生も力強くついています。

丸もちを作ってくださるのはお手伝いのお母さんたち

つきたてのお餅はとっても美味しい

片付けも子どもたちが自分で行います。

杵についておもちをたわしやスポンジを使って丁寧に取っていきます。


お米作りから、おもちつきの当日まで年長児は自分たちで行いました。
道具の片付けは、来年度しっかりと自分たちの手でおもちつきが行えるように、年中児が行っていきます。

お手伝いくださった保護者の皆様、ありがとうございました!

かげろう

虫好きのRくん

「先生見て〜」と持ってきたのは・・・

「かげろう」だよ

普段なかなか目にすることの少ないかげろうを捕まえたようです。

「吹くと飛ぶんだよ」

かげろうは羽根を広げて、羽ばたく準備をしはじめました。

この様子に興味津々のHくん

「羽根を優しく持つんだよ」

年長のRくんが年少のHくんに教えていました。

Rくんの周りにはどんどん子どもたちが集まってきました。

Rくんは以前にもカマキリを捕獲していました。
※その時の記事はこちら↓
【憧れ】
よくよく見返すと、今回の年少児Hくんがこの時も近くにいました。
いつも虫を手懐けているRくんはHくんにとってヒーローなのかもしれません。

好なことを好なだけ、たっぷりとあそび込んで探求していける環境を大切にしていきたいです。

365日の誕生日

1年365日のうち、誰にも誕生日という特別な1日があります。
その特別な日が宮前幼稚園のだれかと一緒だったら素敵だと思いませんか?

園庭に大きなカレンダーを用意しました。
お持ちになった写真をご自分の誕生日に貼ってみてください。
たくさんの表情、色々なサイズの写真が集まって、きっと素敵なアート作品になるでしょう。
オリジナルの宮前カレンダーを完成させましょう!

〜文章は生活展冊子より抜粋〜

今年の生活展全体コーナーは、みんなの写真で1年365日のカレンダーを創ろうというものです。
生活展に向けて、先生たちも写真撮影。

事務所の先生も

フリーの先生も

元保護者の先生も

バスの運転手さんも

主任の先生も

みんないい笑顔


ご家族の写真を持って来ていただけたら、きっと素敵なカレンダーになるはずです!
よろしくお願いします!

あなたは誰と誕生日が一緒でしょう??

ハンバーガー屋さん②〜過程が大切〜

年中のハンバーガー屋さん
お店の前にはかわいい女の子の看板が立っています。

この看板はもちろんかわいいのですが、これを作るに至った過程(プロセス)はもっと面白いのです。

子どもと先生で一緒に考えた看板づくり。
紙のサイズにぴったりだったEちゃんがモデルになり、友だちがその型を取り、色を塗っていきました。
作品のそばには、その時の子どもの姿を捉えたポートフォリを掲示しています。

生活展では子どもたちの作品はもちろん、その作品を作るまでの過程(プロセス)を是非ご覧ください。

ハンバーガー屋さん

年中のクラスでハンバーガー屋さんが盛り上がっています。

チーズ・レタス・トマト

BBQソースもあります

好きな具材を選んで

仕上げはごまをのせて完成!

出来上がったハンバーガーは移動販売へ

各クラスに売りに行っていました

友だちと一緒が楽しい
最高の笑顔ですね。

ハンバーガー屋さんというあそびの中で、子どもたちは自分で考えたり、作ったり、友だちと協力したり、アイディアを出し合ったり…
人生の中で大切なことをしっかりと経験しています。

冬仕度

寒さが厳しくなってきて、園庭の花も植え替えの時期です。

子どもたちが自然の美しさを感じられるように季節ごとに植え替えます。

造園屋さんとガーデニングサークルのお母様で作業を行ってくださいました。

たくさんの種類の花が並びます

鉢の中もきれいに配色されています。

植え替え中のお母さんを岩の上から見守る

素敵な一場面でした。

つくる

12月2日(土)・3日(日)に宮前幼稚園の子どもたちの創作活動を展示する〝生活展〟があります。

子どもたちは生活の中でさまざまな〝つくる〟を経験しています。

粘土をローラーで伸ばしてのピザづくり

お店屋さんになりきれるようにシェフ帽子を被っています。

黄色い紙粘土を成形してのバナナづくり

画用紙をじっくり見つめて

じっくり集中

部屋には子どもの思いが詰まった作品がたくさんあります。

骨人間!?

年長児は共同的な活動になるように、話し合いイメージを共有しながら〝つくる〟ことを大切にしています。

本物の三脚を見ながらの三脚づくり

何やら良いアイディアが思いついたようです。

とびっきりの笑顔

一人で集中して〝つくる〟
友だち協力して〝つくる〟

どちらの時間も大切にしていきたいです。

不思議で素敵

保育室に飾られた子どもたちの作品

葉っぱやどんぐり、ボタンやモール

自然物や素材がちりばめられた作品

先生に抱っこしてもらい、

じっくりと見つめています。

嬉しくて、面白くて思わず笑顔


保育室に飾ってあります。是非実物を見にきてください。

料金所

3輪車にのった年少さんがやってきました。

料金所でしっかりと停車してお金を払っています。

支払いが終わると、バー係の子があげてくれます。

バーと紐は繋がっていて滑車がついているため、紐を引っ張るとバーがあがる仕組みです。

次の車こないかな。

〝乗り物〟からさまざまなあそび、役割が広がっています。